JYJとは?|ジェジュンが冗談で処罰?東方神起分裂の理由と最新の近況

更新:

2020年4月1日、ジェジュンがエイプリルフールでついた嘘が大きな問題に発展

コロナウィルスで大勢の人が死んでいく敏感な時期に、東方神起の元メンバーで現JYJとして活動しているジェジュンがSNSのインスタグラムにコロナウィルスにかかったと冗談をし、韓国や日本で大きな批判を受けている状態です。

ジェジュンのインスタグラム投稿

4月1日エイプリルフールにジェジュンはインスタグラムで、「コロナウィルスに感染しました。」という投稿をし、多くの人が心配していましたがこの投稿は韓国を含めた海外メディアに広がると投稿内容を削除・修正しました。

再投稿された内容はウィルスの感染者が多くなっており、周りの皆様の警戒心を 高めたかったと述べましたが「度を超えた冗談」という指摘を受けました。

批判が多くなると、ジェジュンはコロナウィルス感染に関する投稿で問題になることがあったらすべて処罰を受けます。皆様の健康を祈ります。という堂々な態度でさらに炎上しました。

問題になった投稿の全文

僕はコロナウィルスに感染しました。政府から周りから注意されたことをすべて無視し、生活してきた自分の不注意によるものです。

個人の行動が社会全体に及ぼす行動がどれだけ大きいか、、僕から感染した皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

自分はかからないだろうと思い過ごしてきたバカな判断が現在の自分を作ってしまいました。今、とある病院に入院しています。過去のことを振り返ると感謝の気持ちと申し訳ない気持ちがいっぱいです。

話したいことがいっぱいあります。会いたい人に会いたいです。

ジェジュンは処罰される?

ジェジュンのコロナウィルスに感染したという嘘に対し、韓国国民が炎上し政府に「度を超えたジェジュン」を処罰すべきという声があがりました。政府はこの一連の事件に対し、法律的に処罰することは難しいという立場を明らかにしました。

韓国の防疫統括は2日のブリーフィングで「処罰できる部分があるかどうか確認が必要だが感染予防法に従う処罰はできない」と述べました。

「新型コロナの嘘」で日本スケジュールが相次ぎキャンセル

今月1日、NHK 1ラジオ番組『古家正亨のPOP A』の出演がキャンセルになったことに続き、3日放送されるテレビ朝日の『ミュージックステーション』の出演も白紙化した。また、5日にはNHK BSプレミアム『The Covers 名曲選2020』に出演する予定だったが、これも電撃キャンセルになった。先月、日本で新しいシングルアルバムを発売したキム・ジェジュンは日本に滞在しながら活動していたが、軽率な嘘で相次ぎ「スケジュールのキャンセル」が余儀なくされ活動中断の危機に置かれた。参照元

JYJとは?(5人組東方神起の解体)

いつだって君にJYJ

大韓民国の2人組のボーイズグループ。5人組のアイドルグループ「東方神起」のメンバー3人で結成されていたが、ユチョンの2019年4月の麻薬事件以来2人グループになった。属事務所はシジェスエンターテイメントで、2010年正式に活動を開始した。

2003年12月26日、SMエンターテイメント所属の東方神起メンバーとしてデビューしたジェジュン、ユチョン、ジュンスは2009年SMエンターテイメントの不公正契約問題で訴訟を提起した。

この事件により、既存の東方神起として活動するのが難しくなり、東方神起から独立して、新たに結成したグループがJYJだ。

彼らはSMを離れた後、自分たちの名前の英語のスペルの頭文字を取ったグループJYJを結成、以来、各自の本名で活動している。

東方神起時代からメインボーカルとリードボーカルを担当してきたキム・ジェジュン、キム・ジュンスがいるのでボーカルの部分では申し分はない。

ここでラップと作詞と作曲を担当してきたパク・ユチョンが加わり、既存の5人組で3人組のグループに再編されたが、活動休止の期間が大きく感じられない。

JYJとグループ名はジェジュン(Jaejoong)、ユチョン(Yuchun)、ジュンス(Junsu)の英語のアルファベット頭文字を取って名づけられた。

本人たちはJYJ(ジェイワイジェイ)と呼んでいるが、ファンたちは楽に「ジェワジェイ」'または各メンバーの姓を取って「キムバクキム」などと呼んでいる。

舞台ではキム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンの順で並ぶ。

JYJとしても音楽活動をしているが、放送出演には難しさがあったので、各自個人活動を並行している。JYJの活動の方向は「別々でまたは合同で」と定義できる。

映画、ドラマ、ミュージカル、ソロアルバムなどの個人活動を活発にし、ファンの期待を満たす一方で、JYJの団体の活動にアルバムとM / V、コンサート、写真集などを発表している。

2014年を基準にデビュー10年目になった。2019年の今はもはやアイドルと呼ぶことができないぐらいの中堅グループになり、それに合わせて個人的なアルバムでは、以前のグループでは、できなかった様々なジャンルの音楽を披露している。

キム・ジェジュンは多様で強烈なロック音楽を主にしており、キム・ジュンスは、複数のジャンルを行き来する音楽を披露している。

2015年3月に発売したソロ3集のタイトル曲「꽃(お花)」の場合バロックヒップホップという独特のジャンルを披露した。歌、ラップ、楽器の旋律、そしてミュージカル俳優チョン・ソナのアリアで構成されている。

また、パク・ユチョンは2016年初めに自作曲で構成された初のソロアルバムを発売した。グループアルバムの場合、米国のスタジオと提携して曲を披露し、特にアルバム収録曲は、メンバーの参加が活発だ。

作詞、作曲、編曲で舞台演出と衣装コンセプトまでメンバーが参加して決定しているが、過去のSMエンターテイメント所属当時より音楽自律性が拡大されたことが分かる。

その後、パク・ユチョンの乱れた私生活問題が爆発し、JYJファン層がパク・ユチョンとは縁を切ると宣言してしまった。この事件から実質的に完全体の活動を継続することは不可能になった。

そして2019年4月、パク・ユチョンの麻薬投薬の問題により、所属事務所であるC-Jesさえパク・ユチョンとの契約を終了することにより、もはや完全体のJYJを見ることができなくなった。

目次

3人が参加したCM「ペンジャルキュ」

JYJが参加したCMの中で最も有名なCFは製薬会社、鍾根堂の「ペンジャルキュ」だ。

TVで多く再生されたCMでもあったが、そのぎこちない内容のために、カルト的な人気を集めた。

コンサート場で歌を歌いながら現れたJYJがあるファンが頭痛を訴えると歌を中断して、ペンジャルキュを渡す内容のCMのコメントが面白い。

「ストップ!頭痛の薬ある方!」、「痛くならないで我慢もしないでペンジャルキュ」、「ペンジャルキュサンキュー!」しまいには、鍾根堂やペンジャルキュをポータルサイトで検索すると、JYJのCFは欠かさず出てくる。

これらの広告は、思ったより大きな反応を導く。ほかの製薬会社も女性アイドルグループを広告モデルに採用したが、薬の乱用をもたらすという意見が上がった。

東方神起から離脱後、なぜテレビに出演できなかったのか

名前のない歌 Part.1の歌詞を見たら、テレビ出演に関するJYJの主張が分かる。

以下が歌詞

너희 나가면 못되게 괴롭힐거란
お前らは出て行けば いじめてやると

말을 한 그 이사의 말이
言った その理事の言葉が

난 머릿속에서 떠나질 않는다
僕の頭の中から 去って行かない

더욱 더 할말이 많지만
もっと言いたい事は あるけれど

이 노래 나가고 너희들이 더욱 더
この歌が発表されれば お前達はもっと

우리들을 괴롭힐 생각하니
僕たちを苦しめるだろうと思うと

짜증나서 더는 더 못하겠어
腹が立って もうこれ以上は言えないよ

아무튼 우린 힘들지만 열심히 잘 살아가고 있어
とにかく僕たちは辛いけど 頑張って元気にしてるよ

너희들의 괴롭힘에도 정말 웃으려고 노력하고 있어
お前達の嫌がらせにも 笑おうと努力してるよ

이건 우리가 상품으로서의 노력이 절대 아니야
これは僕たちの商品としての 努力では絶対にない

인간으로서 내가 죽는 날
人間として 僕が死ぬ日

후회하고 싶지 않다는 노력인 것 뿐이야
後悔したくないという 努力であるだけだ

그래 결국은JYJ
そう 結局はJYJ

一言で定義するとSMがJYJの放送活動を妨げたという推測は一方的なJYJ側の推測であるだけで、実質的な証拠は全くない。

音楽番組側でもSM所属歌手全体とJYJのいずれかを選択する必要がある場合、当然、SMを選択する。自分たちに利益が行く方を選択することが資本主義体制の下で当然の選択だからだ。

これをSMのせいにする物証は全くない。厳密に言えば、活動全体ができないというより、芸能番組に出演できない状況と言ったほうがり正確である。

大型芸能企画会社の影響が弱いところでは、事情が良かったからである。報道局と教養所属プログラムでは、何度も出演できていたのでニックネームが「報道局のアイドル」だった。

事情はこうだ。「韓国大衆文化産業総連合会」から正式に地上波およびケーブル放送局、音楽流通社にJYJの出演を自制してほしいという公文書を送った。

韓国大衆文化産業総連合会側は「SMエンターテイメントと3人のメンバーの間で訴訟が進行している中で、彼らが活動をするというのは問題がある。

芸能界自体の秩序の維持が必要であるという点で公文を発送することになったとその理由を明らかにした。

韓国芸能界では、所属事務所との法的紛争中の芸能人は、活動をしていないか、またはできない場合が多かった。この措置がSMの立場から は、当たり前の措置と考えられたかもしれないが、長い訴訟期間で片方のみ出演制約を加えることは、事実上、芸能人生命を切っておくのと同じなので、これは不当な行動といえるだろう。

QTVで放送することにしたセルフカメラ形式のプログラムが放映延期を重ねてキャンセルとなる事件もあった。以後SM所属芸能人の似たような形式のプログラムが放映され、議論がされた。

芸能プログラムや音楽番組の出演は難しいが朝の番組やニュース番組などに出演したことがあるので芸能局のみこれらの放送活動を知らないふりをしているという指摘がある。

実は韓国芸能番組を養っているのがほとんどアイドルスターたちであり、このアイドルスターを大量生産するところがSMに代表される大型芸能プロダクション社である。このアイドルスターたちのスケジュールは完全に芸能プロダクション社が決める。

従って、アイドルスターが出演することがほとんどない報道局と教養番組あるいはアイドルスターらの需要がそれほど大きいといけないためいドラマ局では、JYJの出演に難関はなかった。

JYJが2011年末KBS演技大賞授賞式に立った時の噂によると、その年の放映されたKBSドラマの中で最もヒットしたドラマがパク・ユチョンが主人公をしていた「成均館スキャンダル」だったので演技大賞授賞式祝賀公演を成均館スキャンダルのOST「見つけた」に決まっていた。

これに対してKBS芸能局がドラマ局側に抗議をして、両方の間議論があり大衆文化産業総連合会側からもKBSドラマ局の局長を訪ねJYJの出演計画の撤回するようにお願いしたが、KBSドラマ局は「妥当な利用ではない」と、既存の計画をそのまま進め、JYJは訴訟以来初めてKBS演技大賞授賞式で公演をすることができたという。

2011年5月18日KBSはJYJの番組出演に対する公式立場を発表した。 KBSのオンラインオフィスの回答掲示板にKBS芸能局側の解明が上がってきたのだ。

内容を要約すると、「JYJは現在、訴訟などの法的紛争中の現在の二重契約状態でアルバム活動中なのでJYJの放送活動は、法律的な問題はもちろん、文化産業の発展と秩序を阻害する危険性があり、法的紛争の終結までは番組出演不可」ということだった。

このKBSの論理に語弊がある。まず、あの答えは、芸能局の立場ですでにJYJは報道局が制作するプログラムでは、出演したことがある。

また、メンバーのユチョンがKBSドラマ「成均館スキャンダルに」出演していた。翌日の19日、JYJ側の反論とファンからクレームが激しくなると一歩遅れて "その答えは、2月に作成されたものでKBS芸能局でJYJの出演規制はないと解明した。

ミュージックバンク順位にJYJの歌がチャートランクになかった理由は、「OSTアルバムはチャートに含まれていないから」と答えた。(2010年「見つけた」が2NE1のGo Awayと1位候補に上がったことがある。以来はファンの持続的なお問い合わせにジェジュン、ジュンスのソロアルバムがミュージックバンクのチャート順位に入った。)

また、「正式アルバム発売時に出演させる」という公式的な立場を表明した。 JYJ側はKBSの公式立場の表明に感謝し、ファンのために目に見えない外圧を勝ち抜き、正式みアルバムをリリースする。その時ミュージックバンクを通じて視聴者とお会いすることを希望するという意思を明らかにし事件は終結した。

しかし、JYJが2枚の正規アルバムを発売し、多数のソロ活動をしてきた7年が過ぎた今もミュージックバンクは一度も出演できなかった。

2013年7月、公取委からSMなどにJYJの芸能活動を妨害する行為をしないという是正命令を下した。そして、2015年4月14日、新しい政治民主連合所属チェ・ミンフイ議員は、放送局が理由もなく芸能人の番組出演をふさがない別名「JYJ法」を発議した。2015年11月30日JYJ法が国会を通過した。

4月30日、SMエンターテイメントを離れた以来初めてしっかりとした音楽番組でキム・ジュンスが歌を歌った。 EBSの音楽番組である「スペース共感」でキム・ジュンスを出演させたのである。

たとえ完全体の出演はなかったが、それこそJYJ結成以来初の音楽番組出演にJYJのファンたちは感激したと伝えられる。一部の人たちは、「あんな勇敢な放送局が韓国の教育番組を担当しているので、韓国教育の未来は明るい」という賞賛まで惜しまなかったという裏話がある。

SMと決別してから8年になる2017年からはキム・ジェジュンがゴールデンディスク授賞式に出演をし、ドラマ広報のKBS 2TV演芸街中継、SBS一夜のTV芸能に出演したりもしたし、Web芸能「フォトピープル」にも出演をしてさらに「フォトピープル」シーズン2は、ライフタイムのチャンネルに正規編成まで確定されたり、2019年TV朝鮮恋愛の味2パネルに出演するのを見れば昔に比べると確かに状況が改善してきた。

有力だった噂では、SMは当初からJYJの放送活動を永久に妨害しようとすることはなかった。JYJがSMとの紛争を開始した2009年時点での標準契約の期間で定められた正確7年間は制裁をして、その後は制裁をしないという話もあった。

そして、実際に紛争が発生してから正確に7年となる時点であった2016年を経て2017年になる瞬間から制約が大きく緩和されたと見られており、上記の事例のように、実際に前よりは、放送出演の長さは徐々に見えている状況ある。

しかし、2018年12月に行われたキム・ジュンスの兵役終了の直後カムバックコンサートの最後のコメントによると、まだ放送出演をするのに困難を経験しているという。

また、放送出演ができない状況で歌手活動をすることに深い懐疑感を感じて歌手をやめる考えまでし、ファンにはもはや自分のために戦うなのべ、それらが自分を苦しくするというコメントをした。長い時間、いろいろ苦労があったようだ。

果たしてSMがJYJの活動を妨害したのか?

JYJの放送活動がこんなに長い間できなかったことについて、JYJのファン層はSMを犯人とのべ、証拠なし挙げている。 SMがJYJの芸能番組出演を妨げた直接物証はない。

実際にユノとチャンミンが東方神起の正規アルバム5集を持ってカムバックした当時、様々な地上波番組に出演し大々的な広報と音楽活動に乗り出したのに対し、JYJが主にインタビューなどを行うことができた番組はみんな芸能局所属トークショーではなく、教養局や報道局に所属された番組だった点、そしてキム・ジュンスがユ・ヒヨルのスケッチブックなど、人気のある地上波音楽番組などを差し置いて、これらの番組に比べてややマイナーな感があるEBSのスペース共感という音楽番組になんと6年ぶりに出演したことが訴訟の後の最初の音楽番組出演だった点、芸能局とは別の方法でアイドルスターを必須の要素として考慮されないドラマ業界に対してキム・ジェジュンとパク・ユチョンの活動がそれなり活発な方だったという点は示唆するところがある。しかし、実際にこのようなアルバム広報の領域は、完全に、所属事務所の裁量と見ることができる。

さらに、すでに上記で記述したように、2010年KBSドラマ局が主管しと知られているKBS演技大賞授賞式にJYJを呼んでやっと「見つけた」一曲歌うだけなのにKBS芸能局が群がりドラマ局側に抗議をして、両方間の争いがあった話は、大型芸能企画会社がJYJがブラウン管に出てくるのをどのように考えていたのかを教えてくれる良い事例になる。

しかし、JYJファン層と敵になった「2人組んの東方神起ファン層」をはじめとするSMファンダムは、訴訟後SM側はJYJの放送など芸能活動を妨害するたびに2,000万ウォンの罰金を課すことになっているが、SMは一度も出したことがなく2010年の訴訟の初期に、二重契約が懸念されるので「芸能制作協会」から番組出演をしないようにと要請する公文書を回したことがあるが、強制は全くないものであり、このことは、SMと何の関連もないことだと主張している。

また、JYJのファンたちの要請によって公正取引委員会からのSMに関連調査を実施したが、何の状況も明らかに出さなかったという点もSMがJYJの放送活動を妨害していなかったという根拠とする。そして音楽番組はJYJ側で自分たちの歌を放送に出されてもいいのかという審議を受けていないから出演ができないのではないかという反論をした。

これに対してJYJのファン層と地上波芸能番組はSMなど、複数の大型芸能企画会社の顔色を伺わないといけない状況で、SMはまた、地上波芸能局に「無言の圧迫」を与えている可能性を排除することができないと主張してていた。

しかし、現在まで、SMが放送局を圧迫したという実質的な証拠は出ていない。

しかし、SMがJYJの放送活動を妨害したという物証がないように、SMがJYJの放送活動を妨害したことがないということも証明することができない。

罰金を出したことがないというのも証拠とするには足りない感がある。通常他の芸能人の正当な放送活動を妨げる不法行為を犯すには、跡が残らないようにするのが常識だからだ。

「出演させると、私たち協力しない」という無言の圧迫だけでもアイドルスターなしでは食っていけない芸能PDたちには十分な脅威になったのだ。

そして上にすでに述べましたように、「経済検察」である公正取引委員会がすでにSMに「JYJの放送活動に妨害しないように」は、是正命令を既に下した事実がある。

政界でも「JYJ法」という名前の放送法改正案を通過させるなどの動きがあったのを見れば「火の無い所に煙は立たぬ」という疑問を抱くのも事実だ。

ユチョンの麻薬投与とJYJからの退出

パク・ユチョンが女性から接待を受けられるところに出入りしたことが確認され、JYJファン層からほぼ捨てられていたが、今回は薬物のヒロポンを投薬したことが確認された。

無パク・ユチョンをかばっていた所属事務所シジェスも、もはやユチョンとの信頼関係を継続することができなくなった理由で契約を強制的に終了した。

パク・ユチョンはその本人が記者会見でお話したように、JYJも、芸能界でも完全に退出された。

よって、JYJは最初のメンバーの変動を経験する。表面上ではデュオ体制に再編された。しかし、キム・ジェジュンとジュンスは現在のグループでの活動に何の意欲もないように見えるうえグループの活動を再開する場合、パク・ユチョンの存在がついてくるのは確実であるので大きな負担があり、グループでの活動の見通しは暗い。

麻薬投薬という罪を犯した芸能人誰もが芸能界復帰に失敗したわけではない。だが、パク・ユチョンの場合は、特殊である。大衆をだました罪まで追加されたからである。

パク・ユチョンは、すべてのメディアのスポットライトが集中した記者会見で、「麻薬投薬が事実であることが判明されたら、引退する」と記者会見を通じて、大衆と警察を相手に詐欺行為を行ったので彼のイメージは地中まで失墜された状況である。

それでも残っていたパク・ユチョンの個人ファンはパク・ユチョンをしっかり支えてくれたが、そのファンを相手にも遠慮なくだましたので、芸能界では特にJYJへの復帰は不可能だと判断される。

ファン層の分裂

既存の5人の東方神起のファンクラブ「カシオペア」はJYJの3人が所属事務所との訴訟を開始した時点から分裂した。

カシオペア2期までファン層で多数を占めていたキム・ジェジュン、キム・ジュンスのファン層とドラマ出演で急速に成長したパク・ユチョンのファン層にすることができた数的優勢は3人(JYJ)にあった。

彼らはのそれぞれ異なる主張を掲げ、お互いに善し悪しを押し付ける面を表わした。3人(JYJ)の

3人組ファン層の主張:訴訟の核心は不当な契約関係から始まったものであり、分裂の原因は、歩みを共にしていない2人側とデマを作った2人のファン層にある。

2人(東方神起)ファン層の主張:不当契約は言い訳に過ぎない。この契約は、両親を連れて何度も修正まで許した正当な契約である。また、一部のメンバーの両親が介入してファンを通じ、悪意のある噂を広げたことと、会社の許可なしに東方神起の写真を使用した化粧品事業が解体の原因である。

訴訟の初期には、正確な事実を確認することは困難な状況で、両側のファン層の主張か対立し、過激な面に流れるしかなかった。

そういうわけで、化粧品事業について東方神起2人のファンダムがデマを広げた行為に対して、化粧品会社側が法的手続きを踏んで告訴を行った。

一方、5人皆を支持するファンもまだいる。2016年の時点では、3人と2人でそれぞれのグループ活動をしており、東方神起が2人組でカムバックしてアルバムをリリースすると、復帰が事実上不可能なことが判明した後、残存していた5人東方神起を支持していたファンも多く離れた。

5人皆を支持すると言っているファンの場合は、過去H.O.T.などがいた時代に解体の危機が来るとしていた主張していた5-1 = 0(一人でも抜けると誰もいないのと同じだということを意味)と呼ばれるものだとし、卑下の意味でパンニョと呼ばれ、2人、3人のファンの両方に敵視されている。

現在5人すべてが好きなファンは、自分たちを「オールファン」(2 = 3 = 5)と称しパンニョは軽蔑の言葉なんだから、当然すっきじゃない。 2人の東方神起JYJの両方を支持する。ただしパク・ユチョンが麻薬事犯として退出された後に4人支持に転じたファンダムも増えている。

ヤラカシ暴行事件

2009年頃キム・ジェジュンとパク・ユチョンがヤラカシに暴言と暴行を行ったことが録音された10分間の音声ファイルが、2012年ある芸能マスコミに公開されて問題になった。

JYJのエージェンシーであるシジェスエンターテイメントは、この人たちはヤラカシで、これまで私生活を過度に侵害したと主張し、そのファイルを公開した報道媒体を名誉毀損で告訴した。

そして3年が過ぎたことだったが、事件が起きた直後、公演の間、チリで記者会見を開き、謝罪の言葉を伝えた。

余談でJYJは事件以前からツイッターなどでタクシーで追っかけないでくださいとか自分の家の外で立っていないで下さいと複数お願いしていた。

また、ヤラカシを相手にタクシーを運営しながらヤラカシからお金をもらい危険な運転をする大人たちが、より大きな問題だと述べた。

また、ジェジュンは、空港から追ってきたヤラカシらによってあるおばあさんが人波に押されて倒れたが、おばあちゃんがけ怪我をしたかどうかには関心なくて自分だけどっと追いかける考えを持っていると不満をツイッターでつぶやいた。

この事件をきっかけにヤラカシのファンをストーカーという犯罪者に見るかついて、社会的論議が大きくなってマスコミでも大きく取り上げられた。

シェア
チケフェス編集部の韓流チームです。 Twitterは@ticketfeskrで韓流情報を流しています。ちゃんと韓国語も話せるので、日本語になっていないローカル情報を含めて発信していきます。
  1. トップ
  2. ブログ
  3. JYJとは?|ジェジュンが冗談で処罰?東方神起分裂の理由と最新の近況