BIGBANGのメンバーD-LITE|交通事故、所有ビルに関する問題について

更新:

BIGBANGのメンバーD-LITEとは?

テソン(D-LITE)は高い音域を活かしBIGBANGグループではリードボーカルでを担当しています。

これは彼らの代表曲である「FANTASTIC BABY」でよく表れます。

ハスキーな音色が魅力的で爆発的な声量。ロック、バラード、モダンポップ、演歌など様々な音楽ジャンルが可能です。

これらの長所を活かし、日本ではメンバーの中で最も旺盛な活動をしています。

D-LITEと演歌

韓国では「テソン」日本では「D-LITE」という名前で活動を続けています。

D-LITEは「楽しくさせる」の「Delight」からきたものです。

韓国ではBIGBANGのことは知らなくてもテソンは知っている年配の方が多いです。その理由は韓国ソロ曲の中で「ナルバキスン」という演歌風の曲が韓国で流行ったからです。

しかし、演歌風の音楽はD-LITE自身が求めるジャンルではありません。

D-LITEの性格

デビューの初めの頃、テソン(D-LITE)は芸能界に似合う性格ではありませんでした。

もともとは恥ずかしがり屋で親しくなった人とは仲良く遊べるが、基本的に礼儀正しい性格だそうです。

ジヨン(G-DRAGON)とメディアとのインタビューでメンバーの中で一番無口な人はテソンといっていました。

練習生時代のメンバーたちがジャージャーメンを食べるときテソンに何が食べたいか聞くとぐずぐずしている声で答えたエピソードがあるくらいです。

現在はデビュー以来、数多くの経験を積んでトークショーなどでも出られるぐらいに活発な性格になりました。

2009年にあった交通事故

2009年番組の撮影を終えてのスンリ(V.I)と出演するミュージカルの最終リハーサルに行く途中で交通事項にあいました。

このため眼窩壁骨折、肋骨骨折、鼻の骨折に脊椎まで、日々が入るなど全治8週間の診断を受けてしまいます。

残念なことにその事故のせいで、片方の鼻はにおいを嗅ぐことができなくなりました。

左の腕には傷を縫った線が鮮明に見えます。結局、ミュージカルの舞台に立つことができなくなりました。

2011年5月の交通事故

テソンは2011年5月人が死んだ交通事故にあってしまい、韓国の多くの人々から批判されます。捜査が進むにつれて、テソンが人を引いた前からその人は死んでいたことが剖検結果から分かり、テソンに罪はないことが明らかになりました。しかし、正確な事件の前後が分からない人たちは今でも彼を批判している人もいます。

2019年には所有している建物が問題に

2019年7月26日韓国の大手検索サイト「NAVER」でテソンが所有している建物で違法的な売春が行われるという疑惑が出てきました。

テソン所有の建物には多くの芸能関係者が来ていたので、テソンがこの事実が分からないわけがないということで批判されました。

2020年1月、お店のオーナーや従業員ら約56名が食品衛生法違反、売春の罪で起訴されますが、テソンは最初から、自分が所有している建物でこういったことが行われていると思わなかったとのべ、不起訴処分されます。

BIGBANGのコンサート情報を見る

シェア
チケフェス編集部の韓流チームです。 Twitterは@ticketfeskrで韓流情報を流しています。ちゃんと韓国語も話せるので、日本語になっていないローカル情報を含めて発信していきます。
  1. トップ
  2. ブログ
  3. BIGBANGのメンバーD-LITE|交通事故、所有ビルに関する問題について